美しさとは…

木花咲耶姫

 

「木花咲耶姫」

このはなさくやひめ

 

 

日本神話における女神。

 

 

木の花〈桜または梅の花)が咲くように美しい女性の意味を持つ女神。

 

火の中で出産したことから、「火の神様」として、

また、「安産・子育ての神」「酒造の神様」として信仰を集める神様。

 

「桜」の花言葉は、桜の種類によっていろいろありますが、

「優れた美人」「純潔」「精神美」が代表的な意味だそうです。

 

タイトルの「美しさとは…」

あなたはこの「…」の中にどんな言葉を浮かべますか?

 

最近、「女子力」という言葉が多く聞かれますが、

 

このユニコの描く「木花咲耶姫」から感じるのは、

女子ではなく、女性としての「女性力」。

 

「凛」とした美しさ。

桜の花言葉と重ねるならば、内面美なのかもしれません。

 

何があっても動じない女性らしさの中にある迫力を感じる、

この「木花咲耶姫」

 

 

凛とした女性力をこの絵から感じてみませんか?

 

仕事に恋愛に子育てに輝くあなたのそばで、

今よりももっと内面からも外見からも輝けるように

見守り、サポートしてくださるでしょう。

 

 女性としての美しさ、ぜひご覧ください。

 

「木花咲耶姫」  8万円

〈サイズ:28㎝×39㎝〉

美術師:ユニコ

 2013年7月25日 完成

展示販売中

 

 

 

 

 

すさのおの開運・スピリチュアルアイテムがオンラインで購入できます!

SNSでSUSANOOとつながれる!新メニューや新商品の情報も満載! SNSでSUSANOOとつながれる!新メニューや新商品の情報も満載!